カナダ -政策金利据え置き、次回会合で経済対策効果を評価-

2016/3/10

 

政策金利の推移

<政策金利を据え置き>

3月9日、カナダ中央銀行は政策金利を0.50%に据え置くことを決定しました。
声明文では「カナダの第4四半期のGDP成長率は予想ほど弱くなかったものの、短期的な経済見通しは1月時点と同じである」としています。「雇用は資源地域の失業はあるものの持ちこたえており、家計支出が国内需要を支えている。為替動向に敏感なセクターを中心に、非エネルギー関連の輸出が増加している一方、エネルギー関連を中心として設備投資は弱含んだままである」と指摘しています。
昨年発足したトルドー新政権による経済刺激策が盛り込まれた予算案が近々発表される予定です。カナダ中央銀行は、4月の次回会合時に発表する経済見通しで、この刺激策の効果を評価するとしています。

<カナダドルは上昇>

原油価格の下落や世界的なリスクオフの流れを受けてカナダドルは下落傾向を続けていましたが、最近では原油価格のリバウンドもあり、対米ドルで持ち直して来ています。
発表後のカナダドルは対米ドル、対円ともに前日比で上昇しました。3月9日の海外終値は、1米ドル=1.3248カナダドル、1カナダドル=85.54円となっています。

 

<今後の見通し>

中国経済や世界経済に対する懸念や資源価格下落などからリスクオフの投資姿勢が年初から続いていましたが、足元では原油価格や株価がリバウンドするなど市場は落ち着きを取り戻しつつあります。
カナダ経済については、足元で反発したものの、依然として低水準で推移する原油価格が経済の下押し圧力として残ると考えられますが、これまでのカナダドル安による非資源セクターの輸出拡大や新政権による国内景気刺激策、最大の貿易相手国である米
国経済の回復などにより、今後はカナダ経済が緩やかな回復基調を辿るとみています。
市場は徐々に落ち着きを取り戻して来ており、悲観的な見方が修正されるとともに、経済の回復基調を反映してカナダの通貨や株式は回復局面を迎えると予想します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出所:Bloomberg


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ