カナダ –経済成長見通しを下方修正–

2016/7/14

政策金利の推移

<政策金利を据え置き>

7月13日、カナダ中央銀行は政策金利を0.50%に据え置くことを決定しました。
声明文では「カナダの第2四半期のGDP成長率は、輸出や個人消費の変動、アルバータ州の山火事の影響により前期比年率▲1.0%と落ち込むが、第3四
半期には石油生産の再開や復興作業の開始などにより同+3.5%と急回復する」との見通しを示しました。ただ、企業の設備投資や輸出が弱いことから
2016年のカナダのGDP成長率の見通しは4月時点の+1.7%から+1.3%へ引き下げられました。また、英国のEU離脱により、2018年末までにカナダの成長率は0.1%押し下げられると予想しています。

 

<カナダドルは上昇>

市場では経済見通しの下方修正にあわせて声明文の内容がハト派色の強いものになるとの見方があったことから、政策スタンスの変更がない声明文の発表を受けてカナダドルは対米ドル、対円ともに上昇しました。
7月13日の海外終値は、1米ドル=1.2978カナダドル、1カナダドル=80.51円となっています。

 

 

<今後の見通し>

経済見通しは引き下げられましたが、カナダ経済は第3四半期以降急回復が見込まれていることやインフレ見通しが目標のレンジ内で推移していること、一部地域の住宅市場で投機的な動きが出ていることなどから、中央銀行はしばらく政策金利を据え置くと予想されます。
カナダ経済は、これまでのカナダドル安による非資源セクターの輸出拡大や最大の貿易相手国である米国経済の回復、経済対策を含む新年度予算による国内景気のサポートなどにより、緩やかな回復基調を辿ると予想されます。
英国のEU離脱問題に加えて、欧州での金融不安が再燃するなど先行き不透明感が高まりましたが、市場は徐々に落ち着きを取り戻してきています。今後は経済の回復基調を反映してカナダの通貨や株式は上昇基調を保つと予想しています。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ