カナダ -経済とインフレの下振れリスクに言及-

2016/9/8

<政策金利を据え置き>

9月7日、カナダ中央銀行は政策金利を0.50%に据え置くことを決定しました。
声明文では「カナダの第2四半期GDPは、アルバータ州の山火事や予想以上に低迷した輸出の影響から減速したものの、第3四半期には石油生産の再開やアルバータ州での復興事業、子供手当支給が消費を押し上げるため、年後半には持ち直す」との見通しを示しました。ただ、「これまで数カ月続いた低迷により、経済活動は7月時点の予想を下回る可能性が高まっている」とも指摘しています。
インフレについても全体のリスクバランスは現行の金融政策が適切となる範囲に収まっているとしながらも、7月時点よりもやや下振れ方向としています。

 

<カナダドルは下落>

政策金利の据え置きは市場予想通りでしたが、声明文で経済やインフレの下振れリスクについて言及されたことを受けて、カナダドルは下落しました。
9月7日の海外終値は、1米ドル=1.2884カナダドル、1カナダドル=78.97円となっています。

 

<今後の見通し>

カナダ中銀は、経済活動やインフレの下振れリスクについて言及した一方、第3四半期以降回復が見込まれていることやインフレ率が目標のレンジ内で推移していることなどから、しばらく政策金利を据え置くと予想されます。
カナダ経済については、山火事の影響などにより一時的に停滞しましたが、7月に開始した子供手当支給による消費の喚起やインフラプロジェクトによる設備投資の押し上げが期待されます。
今後のカナダ株やカナダドルについては、予想を下回る米国の経済指標を背景に9月利上げの可能性は低下しているものの、米国の利上げ時期を巡って大きく変動する状況は続くと思われますが、カナダ経済の緩やかな回復を背景にやや強含みで推移すると予想しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出所:Bloomberg


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに将来変更される場合があります。■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ