メキシコ ‐短期インフレリスクに警戒感–

2016/2/5

<政策金利を3.25%に据え置き>

メキシコ中央銀行は2月4日(現地時間)、政策金利を3.25%に据え置くことを決定しました。

2015年第4四半期のメキシコ経済については、「良好な雇用環境と低インフレ率による実質賃金の上昇により個人消費が堅調に推移し、緩やかな成長が続いている」としています。ただ、米国の製造業の弱さから工業製品の輸出が停滞するなど、成長鈍化のリスクが前回の会合時よりも高まっていると指摘しています。
インフレ率については「足元の通貨安により短期的にはインフレが進むリスクが高まっているが、中長期的な見通しは前回の会合時から変更はない」としています。

引き続き、メキシコの通貨と物価見通しに大きな影響を与える米FOMCの動向を注視し、必要があれば物価安定のための行動を起こす準備があるとしています。

<今後の見通し>

昨年12月に米FOMCが利上げを実施した際、メキシコ中央銀行はメキシコペソ安によるインフレ率上昇を阻止する目的で追随利上げを実施しました。足元の米国の経済指標が冴えないことから、米国の利上げペースは一段と緩やかになるとの見通しが強まっていますが、メキシコ中央銀行はFOMCが利上げすれば追随するとのスタンスを維持するものと見込まれます。
原油安の影響を受けてエネルギー関連産業の低迷が予想されるものの、個人消費の増加が続くとみられるほか自動車産業など米国との結びつきが強い産業が牽引役になると期待されることから、今後もメキシコ経済は底堅く推移すると予想されます。
メキシコの構造改革への期待感や信用力が高いことなどを背景に、中長期的にメキシコペソは新興国・資源国通貨の中で優位性を保つと予想します。

インフレ指標と政策金利の推移

 出所:Bloomberg


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ