メキシコ -50bpの利上げで通貨下支え-

2016/7/1

<政策金利を4.25%に引上げ>

メキシコ中央銀行は6月30日(現地時間)、政策金利を4.25%に引上げることを決定しました。利上げは今年2月以来4カ月ぶりとなります。
声明では、「利上げにより、最近数カ月の間に見られたような通貨安を回避し、国内でのインフレ期待の抑制が期待される」としています。今後も、為替レートと消費者物価への影響を注視していくとしています。

<メキシコペソは上昇>

メキシコペソは米国の利上げ観測や米国大統領候補としてトランプ氏が指名確実となったこと、さらには英国民投票でEU離脱派が勝利し、金融市場がリスクオフに傾斜したことからメキシコペソには一段と投機的な売り圧力が強まっていました。
しかし、利上げ発表後のメキシコペソは市場予想を上回る利上げ幅となったことを受けて上昇しました。6月30日の海外終値は1米ドル=18.28メキシコペソ、1メキシコペソ=5.646円となっています。

<今後の見通し>

英国民投票でEU離脱派が勝利したことを受け先行き不透明感が強まっており、米大統領選への影響も懸念されています。しかし、米国の金融政策に目を向ければ、直近の予想を下回る米雇用統計を受けてFRBは利上げに慎重な姿勢を示していたうえ、英国のEU離脱問題を受けてさらに慎重な対応を求められると考えられます。また、他の先進国中銀も緩和姿勢を強めるとみられ、メキシコペソを含む新興国通貨がサポートされる環境が整いつつあります。加えて、今回のメキシコ中銀の利上げを通じて金融市場に通貨防衛の姿勢を強く示したことは、メキシコペソの強力なサポート要因になると思われます。

インフレ指標と政策金利の推移 メキシコペソ為替の推移

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ