ブラジル -政策金利据え置き、ルセフ大統領の罷免決定-

2016/9/1

 

<政策金利を据え置き>

8月31日(現地時間)、ブラジル中央銀行(以下、BCB)は金融政策委員会において、9会合連続で政策金利を14.25%に据え置くことを決定しました。
声明文では「最近のブラジル経済は安定しており、緩やかに回復していく可能性があるものの、引き続き経済には軟調さも見られる」と指摘しています。インフレについては下落ペースは予想よりも緩やかであるとしています。
前回の声明文にあった「金融緩和の余地はない」との文言は削除され、「金融緩和は2017年のインフレ目標達成の可能性を高める要素次第」との文言が追加されました。インフレ目標達成の可能性を高める要素としては、食品価格が上昇しても物価全体に与える影響が限定されることや財政再建の進展などを挙げています。

<ブラジルレアルの動向>

ブラジルレアル(以下レアル)は、大幅な原油安や政局不安から2016年の初めまでは大幅に下落していましたが、今年春の連立与党の分裂を契機にルセフ大統領(当時)が失脚する可能性が高まったことでレアルは一旦底を打ち、原油相場の反発も追い風となってその後は底堅い推移が続いています。また、テメル新大統領率いる新政権が財政再建に前向きな姿勢を示していることや景気対策に対する期待感の高まりから、ブラジルへの投資を見直す動きが見られています。
8月31日の海外終値は1米ドル=3.227レアル、1レアル=32.04円となっています。

<今後の見通し>

31日、上院においてルセフ大統領の罷免が賛成多数で決定されました。約9ヵ月間にも及ぶ弾劾手続きに終止符が打たれることにより、政局に対する不透明感の後退が見込まれます。
また、積極的な財政再建策を打ち出しているテメル氏が正式な大統領に就任することにより、ブラジルの財政健全化に対する市場の期待感は維持される見通しです。
ブラジルレアルについては、政局不安の一服に加え、グローバルに金利水準が大きく低下した環境下、ブラジルの高い金利水準が相場を下支えするものと見込んでいます。

政策金利とインフレ率の推移 ブラジルレアルの推移

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ