豪州 –0.25%の利下げ、政策金利は1.50%へ–

2016/8/2

 

<0.25%の利下げを決定>

オーストラリア準備銀行(以下、RBA)は8月2日に政策理事会を開催し、政策金利を0.25%引き下げ、1.50%とすることを決定し、3日から新たな金利を適用することを発表しました。
声明文では7月と同様、当面低インフレが続くという見通しが示されました。7月27日に発表された2016年4-6月の消費者物価指数が前期に続いてRBAの目標範囲を下回ったことが今回の利下げにつながったものと考えられます。なお、市場予想では今回0.25%の利下げが行われるという予想が中心となっていました。

<豪ドルの推移>

7月はオーストラリアの主力輸出品目である鉄鉱石価格が上昇したこと、下旬に発表された消費者物価がさらなる落ち込みを示すものとならなかったことなどから、豪ドルは対米ドル、対円で堅調に推移していました。
本日の利下げ決定は市場予想通りの結果となりましたが、利下げ決定を受け、豪ドルは対米ドル、対円で下落する展開となりました。東京時間午後2時現在、1豪ドル=0.7517米ドル、1豪ドル=77.00円となっています。

<今後の見通し>

市場で予想されていた利下げが今回行われたこと、声明文の中で追加利下げについて述べられなかったことなどから、短期的には金融政策を材料とした売り材料が出尽くした可能性が考えられます。また、資源メジャーによる生産鈍化観測などから鉄鉱石価格が上昇していることが今後の豪ドルの支援材料となる見込みです。
7月に決定された日本銀行の追加金融緩和策は市場の予想には及ばなかったものの、日本銀行の金融緩和スタンスが継続していることが改めて確認できる出来事となりました。そのため、対円では日本とオーストラリアの金利差が今後も豪ドル円の支援材料となる見込みです。

 

政策金利とインフレ率の推移 豪ドルの推移

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ