豪州 -政策金利据え置き-

2016/9/6

<政策金利を1.50%で据え置き>

9月6日、オーストラリア準備銀行(以下、RBA)は政策理事会を開催し、政策金利を1.50%で据え置くことを決定しました。
声明分は8月のものから景気認識に大きな変化がなかったほか、物価については当面、低インフレが続くという見通しが示され続けました。また、経済情勢や今年5月、8月の利下げを踏まえ、今回は政策金利を据え置くことが適切という見方が示されました。市場ではRBAの追加利下げ観測が台頭していますが、今回の声明文でも追加利下げについて具体的な内容は示されませんでした。

<豪ドルの推移>

8月のRBAによる利下げ後、豪ドル円相場はもみ合う展開となりましたが、9月始めにかけては日本銀行による追加金融緩和期待などから、持ち直す展開となりました。
市場では今回、政策金利が据え置かれるという見方が多かったこともあり、本日の政策金利据え置きを受けて豪ドルは対円、対米ドルで小動きとなりました。東京時間午後2時現在、1豪ドル=0.7622米ドル、1豪ドル=79.03円となっています。

<今後の見通し>

9月18日にスティーブンスRBA総裁が退任し、後任にはロウ副総裁が就任する予定ですが、RBAの政策スタンスに大きな変更はないものと考えられます。そのため、今後も低インフレを背景としてRBAの金融緩和姿勢が続くことが予想されます。
他方、市場参加者の注目は9月のFOMC(米連邦公開市場委員会)や11月の米大統領選に集まってきており、目先は米国の金融政策や政治情勢に対する見方が金融市場に影響するものと考えられます。
また、日本銀行が9月の会合で政策効果について検証を行うとしており、今後も日本の追加金融緩和期待が継続することが予想されます。日本銀行の金融緩和姿勢は引き続き豪ドル円の支援材料となると見込まれます。

 

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ