豪州 -ロウ総裁就任後初の会合-

2016/10/4

 

<政策金利を1.50%で据え置き>

10月4日、オーストラリア準備銀行(以下、RBA)は政策理事会を開催し、政策金利を1.50%で据え置くことを決定しました。
ロウ氏が総裁に就任後、初の会合となりましたが、声明文では、住宅市場の動向について販売の減少などが指摘されたものの、景気や物価の見方に大きな変化は見られませんでした。また、政策金利を据え置くことが適切との見方も維持されました。
これまで副総裁だったロウ氏が総裁に就任したことで、政策スタンスに大きな変更はないという見方が市場の見方の中心となっていましたが、市場予想通りの結果だったと判断できます。

<豪ドルの推移>

9月の豪ドルは、米国の利上げ観測の後退、豪州の利下げ観測の後退などを背景に対米ドルでは堅調に推移しました。他方、円高が進んだことから、豪ドル円はもみ合う展開となりました。
今回の会合の結果を受け、豪ドルは対米ドル、対円で小幅に下落しています。東京時間午後1時現在、1豪ドル=0.7663米ドル、1豪ドル=78.26円となっています。

<今後の見通し>

ロウ新総裁のこれまでの発言や今回の声明文の内容から、ロウ新総裁が、過去の利下げや豪ドル安などが豪州経済を支援し、景気や物価が改善していくという見方をとっていることがわかります。そのため、市場では豪州の政策金利がしばらく据え置かれるという見方が強くなると予想されます。また、日本銀行が金融政策の枠組みを変更したことから、日本の金融緩和が持続していくことが見込まれ、豪ドル円は底堅く推移することが予想されます。
他方、市場参加者の注目は11月の米大統領選や年内(12月)の米国の利上げの可能性に集まってくることが見込まれます。これらのイベントが近づいてくることで政治情勢に対する見方が金融市場に影響を強めていくことが予想されます。

 

政策金利とインフレ率の推移

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ