豪州リート市場の動向について②

2016/11/2

 

実質個人消費支出の推移

<人口増加が支える豪州の消費市場>

オーストラリアの小売売上高はプラス成長が続いており、主要先進国と比べても個人消費は堅調に推移しています。この背景としては、オーストラリアの人口増加をあげることが出来ます。

 

オーストラリアの人口は、2015年までの過去15年で約25%増加しました。次の15年でも人口は約18%増加し、2030年には2,800万人を超えると予想されています。

 

また、オーストラリアは積極的な移民の受け入れを行っており、若年層の増加による生産年齢人口(15~64歳)の厚みが大きくなっています。他の先進国と比べて高齢化の進行が遅いことは、内需を中心とした経済成長を後押しするとみられます。

 

<投資魅力が拡大する豪州リート>

オーストラリアのリート市場は、一時的な調整局面はあるものの、基本的に堅調に推移すると予想しています。これは、堅調な消費を背景に、商業用施設の割合が多いオーストラリアのリートは、消費拡大の恩恵を受けやすいと期待しているからです。

 

また、大幅に上昇してきたオーストラリアの住居用不動産価格を懸念する向きがあるものの潜在的な需要は強く、今後、失業率の急激な悪化がなければ、居住用不動産市況に対する価格下落リスクは限定的と考えています。

 

人口増加を背景とする景気の拡大から、さらなる空室率や賃料の改善を通して、リート価格の上昇が予想されます。

 

さらに、リーマン・ショック前後以降の長期的なリートのパフォーマンス推移をみてみると、米国や日本と比較してオーストラリアは出遅れて推移しており、更なる上昇が期待されることから、オーストラリアのリートは魅力ある投資対象と考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

出所:オーストラリア統計局、IMF、Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ