豪州リート市場の動向について③

2016/11/07

 

 

豪州不動産取引額の推移

<活発に取引される豪州不動産>

オーストラリアの不動産取引は、拡大傾向で推移してきました。2016年は、不動産取引が活発だった2015年ほどの勢いはないものの、金融緩和政策により、内需を中心とした景気が改善傾向にあることから、引き続き、オフィス用を中心に高水準の取引が継続すると期待されます。

また、海外投資家からの不動産投資も堅調に推移しています。特に住宅用不動産への投資は2014年から2015年にかけて大きく拡大しており、住宅用不動産価格を上昇させる要因となっています。

活発な不動産取引が継続することで、リート市場も堅調な推移が期待されます。

 

<中長期的に豪州年金が支える豪州リート市場>

オーストラリアの年金制度には、全額税金から支払われる老齢年金制度と、スーパーアニュエーションと呼ばれる積立型の退職年金基金制度の二つがあります。

特に、スーパーアニュエーションはオーストラリア国民の老後の生活にとって重要な存在となっているとともに、若年層の人口増加が年金基金への資金流入をもたらす原動力となっています。

スーパーアニュエーションの投資先は、長期の運用において成長性を重視する豪州の国民性などから、株式などの比率が高く、その中で、リートへの投資も順調に拡大しています。

中長期的に安定した運用資金がリート市場に流入することに加え、景気の改善傾向が継続することで、オーストラリアのリート市場は、今後も拡大していくものと期待されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ