ニュージーランド–政策金利は1.75%へ–

2016/11/10

<政策金利は過去最低の1.75%へ> 

11月10日、ニュージーランド準備銀行(以下、RBNZ)は政策金利を0.25%引き下げ、過去最低水準となる1.75%とすることを決定しました。声明文ではRBNZが金融緩和を続けること、今回の利下げも含めた金融緩和でインフレ率が目標範囲の中央近くで安定していく見通しであることが示されました。
また、ウィーラー総裁は会見で今回の利下げは米大統領選の結果や英国のEU離脱といった不確実性を踏まえたものであるとの説明を行うとともに、追加利下げが必要と考えていないことを明らかにしました。

<為替介入への警戒感からNZドル下落>

8月のRBNZの利下げ以降、ニュージーランドの主力輸出品目である乳製品の価格が上昇してきたことなどから、NZドルは対米ドルで持ち直しの推移が続いてきました。
今回の利下げは市場予想通りの結果となり、⼀旦上昇したものの、ウィーラー総裁が会見の中で為替介入の可能性を示唆したことでNZドルは下落しています。10日、東京時間午前9時現在は1NZドル=0.7291米ドル、1NZドル=77.16円となりました。

<今後の見通し>

今回RBNZは政策スタンスを中立に戻す⼀方、引き続き通貨高牽制姿勢を明らかにしています。
しかし、移民の増加が続いていること、金融緩和などから、今後もニュージーランド経済が堅調に推移していくことが予想され、信用力の高さや相対的な金利の高さはNZドルの支援材料となることが予想されます。
対円では、日本銀行の金融緩和姿勢が持続していること、ニュージーランドと日本の金利差などを背景としてNZドルは底堅い推移が続くと考えます。

 

政策金利とインフレ率の推移

出所:Bloomberg

 

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ