Daiwa SB Investments (HK) Ltd. アジア株ファンドマネージャー

Interview 02 アジア株運用を通じ、お客様に確かなパフォーマンスを。 Daiwa SB Investments (HK) Ltd. アジア株ファンドマネージャー 2005年入社 商学研究科卒

―― あなたの仕事内容とやりがいは?

香港の現地法人で年金や投資信託向けのアジア株ファンドの運用を担当しています。企業との面談や社内外のアナリスト、ストラテジスト、エコノミストとのミーティング等を通じて、国別配分や個別銘柄の投資判断を行っています。


やりがいは何と言っても自分の投資判断がうまく機能し、運用収益をあげられた時になります。投資判断がうまくいかず、精神的ストレスを感じる時も少なからずありますが、うまくいった時の充実感は非常に大きなものがあります。


加えて、日々の仕事を通じてアジア企業の高成長を直に感じられることにもやりがいを非常に感じます。香港でアジア株を担当していると、東南アジアの企業を含めて所得水準の上昇などを背景に売上高が2ケタの成長を遂げる企業がたくさんあります。


出張やプライベートな旅行を通じて、投資先の国々を実際に訪れ、雰囲気を肌で感じることを重視しています。

―― 大和住銀投信投資顧問を選んだ理由を教えてください。

資産運用の仕事に携わりたかったというのが大きな理由です。


業界他社の方から当社は日本株のバリュー運用を含めて確立された運用哲学、投資スタイルがあると聞いたのが入社の決め手です。

仕事中の様子

ある一日のスケジュール

社員インタビュー

  • 01 日本株アナリスト
  • 02 Daiwa SB Investments (HK) Ltd. アジア株ファンドマネージャー
  • 03 外国債券ファンドマネージャー
  • 04 日本株ファンドマネージャー
  • 05 日本株アナリスト
  • 06 エコノミスト
  • 07 公募投信営業
  • 08 クレジットアナリスト
  • 09 クオンツアナリスト

PICKUPコンテンツ