公募投信営業

Interview 07 公募投信を通じ、資産運用の裾野の拡大を。 公募投信営業 2007年入社 経済学部経営学科卒

―― あなたの仕事内容とやりがいは?

地方銀行等の販売会社様に当社の投資信託を取り扱いいただき、販売につなげる営業の仕事をしています。地方銀行等における投資信託の販売動向や商品採用動向、マーケットや業界の動向等を分析し、ニーズに合ったファンドの提案や様々なプロモーションによる既存取扱ファンドの活性化を通じて当社の運用残高の拡大に努めています。


仕事を通じて最もやりがいを感じるのは、自分が担当する販売会社様で新規ファンドを立ち上げられた時です。私は営業担当になる前、ファンドの各種資料作成やプロモーションの企画・運営等営業をサポートするチームにおりましたが、自ら販売用資料等を企画・作成し、立ち上げに協力したファンドを、異動によって今度は営業の立場で取り扱うことがありました。地域密着型のファンドでしたが、販売会社様と関連部署の協力もあって当初設定額は予想を大きく上回る結果となりました。現在も残高は増加傾向にあります。


当社ではしっかりと自分の意見を持ち、周りを納得させることができれば、大きなチャンスを与えてもらえます。取扱いいただいたファンドを自分次第で大きく育てることができる点は非常にやりがいを感じます。

―― 大和住銀投信投資顧問を選んだ理由を教えてください。

当社に入社したきっかけは、大企業ではないので、仕事をするうえで多くのチャンスをもらえると感じたことです。当初は運用部門を目標としていたため、面接等で話を聞き、一番チャンスがありそうだと感じた当社を選びました。結果的に入社後に目標は変わりましたが、目標とする職種や業務など自分次第で日々多くのチャンスを与えてもらえることは非常に魅力的だと思います。

仕事中の様子

ある一日のスケジュール

社員インタビュー

  • 01 日本株アナリスト
  • 02 Daiwa SB Investments (HK) Ltd. アジア株ファンドマネージャー
  • 03 外国債券ファンドマネージャー
  • 04 日本株ファンドマネージャー
  • 05 日本株アナリスト
  • 06 エコノミスト
  • 07 公募投信営業
  • 08 クレジットアナリスト
  • 09 クオンツアナリスト

PICKUPコンテンツ