世界インパクト投資ファンド 愛称:Better World 追加型投信/内外/株式

  • 動画サムネイル

    グローバル・インパクト投資とは?

  • 動画サムネイル

    投資銘柄の特徴

基準日:2017/07/21

基準価額(円)
11,269
前日比(円)
-1
純資産総額(億円)
28.75

関連情報

2017/06/23

Market View 2017年6月号pdf(463KB)

2017/06/15

FOMC -利上げ、年内に資産圧縮開始へ-[HTML版]pdf(623KB)

2017/05/24

Market View 2017年5月号pdf(454KB)

2017/05/08

FOMC -利上げ見送りも、利上げペースは維持-[HTML版]pdf(598KB)

2017/05/08

緊張する相場環境! 今後の政治の<まさか>に備える(2017/05)[HTML版]

2017/04/25

Market View 2017年4月号pdf(454KB)

2017/03/16

FOMC -利上げ決定も、利上げペースは維持-[HTML版]pdf(611KB)

2017/03/14

世界インパクト投資ファンド 愛称:Better World -モービルアイのインテルによる買収について-pdf(669KB)

2017/03/09

世界インパクト投資ファンド-急速に成長する新興国内需への投資-pdf(700KB)

2017/02/10

世界インパクト投資ファンド-初回分配金のお知らせ-pdf(587KB)

2017/01/31

2017年欧州選挙の年!サプライズは起こるのか!?[HTML版]

2017/01/23

米大統領就任 -米国第一主義を強調-[HTML版]pdf(610KB)

2016/12/21

アメリカ1年ぶりの利上げ 今後の見通しは?[HTML版]

2016/12/20

ESG投資~その先にあるインパクト投資~pdf(1,120KB)

2016/12/20

「ESG投資 ~その先にあるインパクト投資~」ESG投資を解説した情報提供資料がUCDA認証「見やすいデザイン」を取得pdf(163KB)

2016/12/15

FOMC -1年ぶり利上げ、来年は3回を予想-[HTML版]pdf(624KB)

2016/11/25

インパクト投資 / 世界インパクト投資ファンドpdf(551KB)

2016/11/25

インパクト投資を解説した、「世界インパクト投資ファンド」の販売用資料がUCDA認証「見やすいデザイン」を取得pdf(173KB)

2016/11/09

米大統領選 -共和党候補トランプ氏が勝利の見込み-[HTML版]pdf(611KB)

2016/08/01 新ファンド募集・設定のお知らせ『世界インパクト投資ファンド』 

もっと見る

世界インパクト投資ファンドとは?

創出される新市場で活躍する成長企業への株式投資

革新的な技術や新しいビジネスモデルを用いて企業が行うインパクト投資により、社会的課題を解決に導くとともに、新市場の創出が期待されます

当ファンドは、そうした企業の中で、高い成長力を秘めた企業に投資することで、株式投資収益の獲得を目指します

企業が行うインパクト投資

企業への株式投資

期待される効果

イメージ図

※資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

当ファンドで注目するテーマ

当ファンドでは、独自リサーチや、社会的課題の解決を目指す様々な会議や検討会への参加を通して、投資テーマを設定します。

投資テーマは、「衣食住の確保」「生活の質向上」「環境問題」の3つのカテゴリーの中で、それぞれ3~4種類のテーマを設定し、銘柄選定の際の基本的な枠組みとします。

社会的課題に関連する10の投資テーマ

衣食住の確保

生活の質向上

環境問題

※投資テーマは、ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーが独自に設定したものであり、適宜または将来において変更されることがあります。

※投資テーマは2016年6月現在のものであり、今後変更される場合があります。

販売会社

下記の会社にてお買い求めいただけます。

ファンドの特色

特色1

マザーファンドへの投資を通じて、主に世界の株式の中から社会的な課題の解決にあたる革新的な技術やビジネスモデルを有する企業に実質的に投資を行うことで、信託財産の成長を目指します。

  • 当ファンドは、「世界インパクト投資マザーファンド」を主要投資対象とするファミリーファンド方式で運用を行います。
  • 銘柄選定にあたっては、社会的課題の解決(社会的インパクト)に取り組む企業に着目し、個々の企業のファンダメンタル分析等を行い、投資魅力のある銘柄に投資します。
  • 実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。
特色2

実質的な運用は、ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーが行います。

  • マザーファンドにおける運用指図にかかる権限を、ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーへ委託します。

ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーについて

  • ウエリントン・マネージメント・グループ・エルエルピーはその起源を1928年に遡る、米国で最も歴史のある大手独立系運用会社のひとつです。
  • ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピー(所在地:米国マサチューセッツ州ボストン)は、ウエリントン・マネージメント・グループ・エルエルピーが間接的に100%出資する法人です。
  • 50ヵ国以上にわたる機関投資家顧客ならびにミューチュアル・ファンド・スポンサー向けに、米国ならびにグローバルの株式、債券、アクティブ資産配分などのポートフォリオを運用しています。
特色3

毎年2月、8月の10日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、原則として収益の分配を目指します。

  • 分配対象額の範囲は、経費控除後の利子・配当収益および売買益(評価損益を含みます。)等の範囲内とします。
  • 収益分配金は、基準価額水準、市況動向等を勘案して、委託会社が決定します。ただし、分配対象額が少額な場合等には分配を行わないことがあります。
  • 将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

※資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

投資リスク

  • 当ファンドは、マザーファンドを通じて、実質的に株式など値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。また、外貨建資産は、為替の変動による影響も受けます。したがって、投資家の皆様の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
  • 信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。
  • 投資信託は預貯金と異なります。
  • お申込みの際には、販売会社からお渡しします『投資信託説明書(交付目論見書)』の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

基準価額の変動要因

基準価額を変動させる要因として主に以下のリスクがあります。

収益分配金に関する留意事項

  • 分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
  • 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日の基準価額と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
  • 受益者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。

クーリング・オフについて

当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありません。

お申込みメモ

購入単位

お申込みの販売会社までお問い合わせください。

購入価額

当初申込期間 : 1口当たり1円
継続申込期間 : 購入申込受付日の翌営業日の基準価額

換金価額

換金申込受付日の翌営業日の基準価額
換金代金は、原則として換金申込受付日から起算して6営業日目からお支払いします。

購入・換金申込受付不可日

ニューヨーク証券取引所、英国証券取引所、ニューヨークの銀行またはロンドンの銀行の休業日と同日の場合はお申込みできません。

購入の申込期間

当初申込期間 : 平成28年8月1日~平成28年8月25日
継続申込期間 : 平成28年8月26日以降

信託期間

平成28年8月26日~平成38年8月10日(約10年)

決算日

毎年2月、8月の10日(休業日の場合は翌営業日、第1回決算日は平成29年2月10日)

収益分配

年2回の決算時に分配を行います。
*分配金自動再投資型を選択された場合は、税金を差引いた後自動的に無手数料で再投資されます。

ファンドの費用

当ファンドのご購入や運用期間中には以下の費用がかかります。

投資者が直接的に負担する費用

購入時手数料

購入価額に3.24%(税抜3.0%)を上限として販売会社毎に定めた率を乗じて得た額とします。

※詳細については、お申込みの各販売会社までお問い合わせください。

購入時手数料は、販売会社による商品・投資環境の説明および情報提供、ならびに販売の事務等の対価です。

信託財産留保額

ありません。

投資者が信託財産で間接的に負担する費用

運用管理費用
(信託報酬)
毎日、信託財産の純資産総額に年率1.944%(税抜1.80%)を乗じて得た額とします。
運用管理費用(信託報酬)は、毎計算期末または信託終了のときに、信託財産から支払われます。

<運用管理費用(信託報酬)の配分>

委託会社 年率1.05%(税抜) ファンドの運用等の対価
販売会社 年率0.70%(税抜) 購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、
口座内でのファンドの管理等の対価
受託会社 年率0.05%(税抜) 運用財産の管理、委託会社からの指図の実行の対価

※委託会社の報酬には、ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーへの投資顧問報酬が含まれます。投資顧問報酬の額は、信託財産に属するマザーファンドの時価総額に対して年0.65%以内の率を乗じて得た金額とし、委託会社が報酬を受け取った後、当該報酬から支払います。

その他の費用・手数料

財務諸表の監査に要する費用、有価証券売買時の売買委託手数料、外国における資産の保管等に要する費用等は信託財産から支払われます。

※監査報酬の料率等につきましては請求目論見書をご参照ください。監査報酬以外の費用等につきましては、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。

※上記の手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。

お申込みの際は最新の『投資信託説明書(交付目論見書)』等を必ずご覧ください。