よくあるご質問

基準価額に関するご質問

基準価額とは何ですか?口数、純資産総額とは何ですか?

基準価額は投資信託を購入・解約する場合のベースになる価額で、毎日、委託会社(投信会社)が算出し公表しています(日経新聞などにも掲載されています)。基準価額は「純資産総額」を「受益権の総口数」で除して算出される価額であり、口数あたりのファンドの時価評価額(時価単価)を表します。当初設定が1口=1円のファンドの場合は通常、10,000口あたりで表記されます。

口数とは投資信託の受益権の単位で、購入したり、売却したりするときの取引単位です。また純資産総額は信託財産(投資信託が保有する株式などの資産)を時価評価した額(資産総額)から信託報酬や取引コスト等の費用や負債を差し引いた額で、ファンド全体の時価評価額(規模)を表します。

基準価額= 純資産総額 ×(10,000)
受益権の総口数
基準価額はどこで確認できますか?

当社のホームページにて直近の基準価額を知ることができます(「基準価額一覧」等をご覧ください)。また、購入された販売会社にお問い合わせいただくことによって知ることもできます。その他、新聞にも定期的に掲載されます。日本経済新聞においては、追加型は毎日の基準価額が翌日(火曜日~土曜日)に、単位型については毎週木曜日の基準価額が土曜日に掲載されます。

基準価額にはいつの相場が反映していますか?

一般に国内の株式など国内証券を組み入れて運用する投資信託の場合、基準日当日の市場価格が基準価額に反映されます。 また、外国債券など外国証券を組み入れて運用する投資信託の場合は時差の関係から、基準日前日の外国証券の市場価格に三菱東京UFJ銀行が基準日当日に発表する対顧客電信売買相場の仲値(TTM)を乗じて基準価額に反映されます。

基準価額と解約価額の違いは何ですか?

解約価額は解約時に用いる価額で、基準価額から信託財産留保額を差し引いた価額になります。信託財産留保額のない投資信託の場合は基準価額と同じになります(信託財産留保額の有無、金額はファンドにより異なります)。また、解約手取額は、解約価額に解約口数をかけた金額から、(解約差益がある場合)税金が差し引かれた金額となります。

よくあるご質問トップに戻る

 

PICKUPコンテンツ