スチュワードシップ責任に関する活動

議決権行使等の活動目的及び基本姿勢

当社は、コーポレート・ガバナンスの重要性に鑑み、委託者に対する受託者責任の観点から、投資企業の株主価値の毀損を防止し、またその増大を図るべく、議決権行使をはじめとする様々な活動を行ないます。

また、運用会社は、公正な市場、株主の正当な権利の尊重、適切な情報開示制度などの社会的インフラストラクチャーに支えられて成り立つことを自覚し、また当社及び投資先企業が社会の一員であるとの認識に立ち、それらに伴う社会的責任の観点からもコーポレート・ガバナンス活動を行なうものとします。

この観点から、当社は、長期的な株主利益の最大化を目指し、以下の活動方針に基づき、議決権の行使を含むコーポレート・ガバナンス活動を行ないます。

  • コーポレート・ガバナンス活動は、投資収益を引き上げる一つの重要な手段であり、また投資行動の一環であると認識し、効率的且つ効果的なコーポレート・ガバナンス活動を行ないます。
  • コーポレート・ガバナンス活動を、単に議決権の行使に止めず、あらゆる機会を捉え、株主としての意見を経営陣に伝え、影響力を行使することに努めます。
  • 外見的な基準によらず、株主価値を増大させる上で何が効果的かという観点から議決権行使を含むコーポレート・ガバナンス活動を行なうように努めます。

議案別議決権行使ガイドライン

スチュワードシップ活動の状況

議決権行使/エンゲージメント対話窓口

(メールアドレス)stewardship@daiwasbi.co.jp
上場企業のご担当者のみ対応させていただきます。ご連絡に際し、ご議論されたい点(以下の①~④)、御社名、ご連絡先をお知らせください。当社保有状況を踏まえて対応させていただきますので、ご希望に沿えないこともございます。
  • ①株主総会議案(利益処分案、取締役/監査役選任、買収防衛策、定款変更等)
  • ②今後の経営戦略について
  • ③統合報告書、コーポレートガバナンス報告書、アニュアルレポート等作成について
  • ④ESG
  • ⑤その他

PICKUPコンテンツ