大和住銀DC外国債券ファンド

大和住銀DC外国債券ファンド

  • 商品分類:追加型投信/海外/債券
  • 日本経済新聞掲載名:大住DC外債

2019/11/20現在

基準価額(前日比) 19,825円 (+22)
純資産総額 32.75億円

過去6期の決算実績

全ての決算情報を見る

決算日 2019/11/19 2018/11/19 2017/11/20 2016/11/21 2015/11/19 2014/11/19 累計
分配金 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円
  • 比較
  • お気に入り登録
  • 印刷
交付
目論見書
(535KB)
請求
目論見書
(2,431KB)

関連情報

関連リンク

ファンドの特色

特色1

インターナショナル債券マザーファンドへの投資を通じて、海外の公社債へ分散投資を行い、リスクの低減とグローバルな投資機会の獲得により、信託財産の長期的な成長を図ることを目標として運用を行います。

特色2

FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算)をベンチマークとし、中長期的にベンチマークを上回る投資成果を目指します。また、ベンチマーク構成国以外の国の債券へ投資を行うこともあります。

◆FTSE世界国債インデックス(除く日本)とは、FTSE Fixed Income LLCにより運営され、日本を除く世界主要国の国債の総合収益率を各市場の時価総額で加重平均した債券インデックスです。このインデックスのデータは、情報提供のみを目的としており、FTSE Fixed Income LLCは、当該データの正確性および完全性を保証せず、またデータの誤謬、脱漏または遅延につき何ら責任を負いません。このインデックスに対する著作権等の知的財産その他一切の権利はFTSE Fixed Income LLCに帰属します。FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算)とは、米ドルベースのFTSE世界国債インデックス(除く日本)を委託会社が円換算したものです。

特色3

ティー・ロウ・プライス・インターナショナル・リミテッドの運用ノウハウを活用します。

マザーファンドにおける運用指図に係る権限をティー・ロウ・プライス・インターナショナル・リミテッドへ委託します。

<ティー・ロウ・プライス・インターナショナル・リミテッドの概要>

同社(所在地:英国ロンドン)は、米国ティー・ロウ・プライス・グループの運用会社です。同グループの代表的な会社であるティー・ロウ・プライス・アソシエイツ・インクは、1937 年に設立された会社で、グローバルに資産運用業務を行っております。ティー・ロウ・プライス・アソシエイツ・インクの親会社であるティー・ロウ・プライス・グループ・インクは、米国の上場会社であり、また、S&P500インデックスの採用銘柄です。ティー・ロウ・プライス・インターナショナル・リミテッドは、ティー・ロウ・プライス・グループの運用技術および調査能力を活用することができます。

  • 国別・通貨別配分
    各国市場のマクロ分析を基に金利・為替見通し、相対的魅力度を策定し、十分分散効果が働くような国別・通貨別配分をそれぞれ決定します。
  • 銘柄選択
    ティー・ロウ・プライス・グループにおける調査能力を活用し、個別銘柄を選択します。
  • リスクコントロール
    構築されたポートフォリオにおけるベンチマークに対する予想変動率等のリスクを随時把握します。リスクは金利リスクと為替リスクに分離して把握します。
特色4

実質外貨建資産については、原則として為替ヘッジは行いません。

特色5

運用はファミリーファンド方式で行います。

ファミリーファンド方式とは、投資家の皆様からご投資いただいた資金をまとめてベビーファンド(大和住銀DC外国債券ファンド)とし、その資金をマザーファンド(インターナショナル債券マザーファンド)に投資して、その実質的な運用を行う仕組みです。なお、ベビーファンドから有価証券等に直接投資する場合もあります。

資金動向、市況動向によっては上記のような運用ができない場合があります。

分配方針

毎決算時(毎年11月19日。ただし、休業日の場合は翌営業日)に、原則として以下の方針に基づき分配を行います。

  • 分配対象額の範囲は、経費控除後の利子・配当収益および売買益(評価損益を含みます。)等の範囲内とします。
  • 分配金額は、基準価額水準、市況動向等を勘案して、委託会社が決定します。ただし、分配対象額が少額な場合等には分配を行わないことがあります。
  • 将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

このファンドと一緒によく見られているファンド

PICKUPコンテンツ