大和住銀ジャパン・スペシャル ニュートラル・コース(ヘッジあり)

大和住銀ジャパン・スペシャル ニュートラル・コース(ヘッジあり)

愛称「ギアチェンジ」

  • 商品分類:追加型投信/国内/株式/特殊型(絶対収益追求型)
  • 日本経済新聞掲載名:ギアニュ

2021/06/24現在

基準価額(前日比) 10,092円 (-3)
純資産総額 7.10億円

過去6期の決算実績

全ての決算情報を見る

決算日 2021/01/25 2020/01/24 2019/01/24 2018/01/24 2017/01/24 2016/01/25 累計
分配金 0円 0円 0円 0円 0円 0円 2,695円
  • 比較
  • お気に入り登録
  • 印刷
月次レポート
2021/05
(487KB)
交付
目論見書
(895KB)
請求
目論見書
(2,536KB)

関連情報

関連レポート

ファンドの特色

特色1

マザーファンドへの投資を通じて、わが国の株式へ投資を行い、銘柄調査を重視したアクティブ運用を行います。

  • 運用にあたっては、ボトムアップ・アプローチにより、「ファンダメンタル価値と対比して割安なバリュー銘柄」と「将来収益への成長期待が高いグロース銘柄」を中心に投資します。
  • 組織運用による銘柄選定、業種別・規模別配分等を行います。
特色2

株式市場の変動リスクのヘッジを行うニュートラル・コースとヘッジを行わないマーケット・コースがあります。

ニュートラル・コース

株価指数先物取引等の派生商品取引の活用により、株式市場の変動リスクの低減を図りつつ、安定的な収益の獲得を目指します。

●ニュートラル・コースでは、主として組入れられたマザーファンド(現物株式ポートフォリオ)の損益と派生商品取引(主にTOPIX先物の売建てを活用)の損益の合計により、当コースの収益が決定されます。これにより、当コースにおける主な収益の源泉は、個別銘柄選択・業種配分等となります。

ニュートラルコースの収益源泉

※TOPIX先物を活用した場合、マザーファンドの組入れは概ね信託財産の純資産総額の80%程度となります。

マーケット・コース

TOPIX(東証株価指数)をベンチマークとし、ベンチマークに対するリスクコントロールを重視しつつ、ベンチマークを安定的に上回る投資成果を目指します。

●TOPIX(東証株価指数)は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり、この指数の算出、数値の公表、利用など株価指数に関するすべての権利は株式会社東京証券取引所が有しています。TOPIXの算出において、電子計算機の障害または天災地変その他やむを得ない事由が発生した場合は、その算出を延期または中止することがあります。また、株式会社東京証券取引所は、TOPIXがいかなる場合においても真正であることを保証するものではなく、同指数の算出において、数値に誤謬が発生しても、株式会社東京証券取引所は一切その賠償の責めを負いません。

特色3

毎年1月24日(休業日の場合は翌営業日)の決算時に分配を目指します。

  • 委託会社の判断により分配を行わない場合もあるため、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

資金動向、市況動向、残存期間等によっては、またはやむを得ない事情が発生した場合は上記のような運用ができない場合があります。

ファンドのしくみ

  • ファミリーファンド方式を採用し、マザーファンドの組入れを通じて、実際の運用を行います。
  • 販売会社によっては、2つのファンド間でスイッチングが可能です。スイッチングのお取扱いについては、各販売会社までお問い合わせください。
    ※スイッチングによるお買付には、スイッチング手数料がかかります。
    ※スイッチングによる解約の際には、譲渡益に対して課税されます。

 

 

マザーファンドにおける現物株式ポートフォリオ部分の運用プロセス

 運用プロセス

 

 

分配金に関する留意事項

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

このファンドと一緒によく見られているファンド

PICKUPコンテンツ