高金利通貨オープン

高金利通貨オープン

愛称「ワールドエイト」

  • 商品分類:追加型投信/海外/債券
  • 日本経済新聞掲載名:ワエイト

2020/04/03現在

基準価額(前日比) 3,598円 (+3)
純資産総額 27.52億円

過去6期の決算実績

全ての決算情報を見る

決算日 2020/03/16 2020/02/14 2020/01/14 2019/12/16 2019/11/14 2019/10/15 累計
分配金 20円 20円 20円 20円 20円 20円 4,860円
  • 比較
  • お気に入り登録
  • 印刷
月次レポート
2020/02
(913KB)
交付
目論見書
(1,875KB)
請求
目論見書
(3,754KB)

関連情報

関連リンク

ファンドの特色

特色1

高金利通貨マザーファンドへの投資を通じて、新興国を含む世界の中で相対的に金利水準の高い通貨を複数選定し、原則として選定した通貨建ての債券へ実質的に投資することにより、安定したインカム収入の確保を目指します。

  • OECD加盟国、世界(新興国を含む)の債券市場を代表とする債券指数の構成国の通貨の中で市場流動性・規模、ファンダメンタルズ、投資規制等を勘案したうえで相対的に金利水準の高い8通貨を選定し、各通貨への配分を原則均等とします。
  • 選定通貨は、原則として定期的に見直します。

○選定する通貨は、選定時にS&Pグローバル・レーティング(S&P)またはムーディーズ(Moody's)のいずれかの格付機関において、自国通貨建長期債務格付けがBB格相当以上の国の通貨を選定対象とします。ただし、BB格相当以上であっても、市場規模、投資規制等の観点から一部の国・通貨を委託会社の判断で除外する場合があります(選定後に、BB格相当未満に格下げされても保有を継続する場合があります。)。

○選定対象通貨の中から、市場流動性・規模、ファンダメンタルズ、投資規制等を勘案したうえ、相対的に金利水準の高い通貨を選定しますので、自動的に金利の高い通貨を上位から選定するものではありません。

○ファンダメンタルズ、金利水準、流動性およびファンドの資産規模等を勘案し、組入通貨数を8としない場合、また各通貨への投資配分を等分としない場合があります。

○選定通貨を変更する場合、投資通貨の入替えを行う過程で組入通貨数が8とならない場合があります。

特色2

投資する債券は、選定した通貨建てのソブリン債(国債、政府機関債、国際機関債等)を中心とします。

  • ポートフォリオの平均デュレーションは3年以内とします。
  • ポートフォリオの平均格付けは、原則としてA格相当以上とします。

○選定通貨建ての債券等の代替として、流動性の高い通貨(米ドル等)建ての債券に投資するとともに為替予約取引等を活用することで、各通貨へ実質的に配分を行う場合があります。

○投資した債券への決済等を行うために、米ドル等を実質的に保有する場合があります。

特色3

実質外貨建資産については、対円での為替ヘッジを行いません。

特色4

毎月の決算時に、分配を目指します。

  • 決算日は毎月の14日(休業日の場合は翌営業日)とします。
  • 分配対象額の範囲は、経費控除後の利子・配当収益および売買益(評価損益を含みます。)等の範囲内とします。
  • 分配金額は、基準価額水準、市況動向等を勘案して、委託会社が決定します。ただし、分配対象額が少額な場合等には分配を行わないことがあります。
  • 将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

資金動向、市況動向、投資対象国における非常事態(金融危機、デフォルト、資産凍結などの投資規制の導入、自然災害、政治体制の変更、テロや戦争等の発生等)によっては、上記のような運用ができない場合があります。

原則として8通貨に均等投資

新興国を含む世界の中から選定した高金利通貨建て(8通貨)の債券に均等投資することを基本とします。

ワールドエイト ポートフォリオ

※上記の選定通貨は2019年8月末現在のものであり、選定通貨が将来変更される場合があります。

※選定通貨は、原則として定期的に見直します。

※ファンダメンタルズ、金利水準、流動性およびファンドの資産規模等を勘案し、組入通貨数を8としない場合、また各通貨への投資配分を等分としない場合があります。

※選定通貨を変更する場合、投資通貨の入替えを行う過程で組入通貨数が8とならない場合があります。

投資対象国の金利水準

・下記の国は当ファンドが投資対象とする通貨の国全てを表しているものではありません。

投資対象国の金利水準

(出所)各種データをもとに三井住友DSアセットマネジメント株式会社作成

※投資対象国は2019年8月末現在のものです。

※金利:各国の代表的な1年金利を表示。

※格付け: S&P、Moody’sの各自国通貨建長期債務格付けのうち高い格付けをS&Pの表記方法で表示。

※上記は過去のデータであり、当ファンドの将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

ファンドの仕組み

運用はファミリーファンド方式で行います。

実質的な運用(通貨の選定、債券への投資)は、高金利通貨マザーファンドで行います。ファミリーファンド方式とは、投資家の皆様からご投資いただいた資金をまとめてベビーファンド(高金利通貨オープン)とし、その資金をマザーファンド(高金利通貨マザーファンド)に投資して、その実質的な運用を行う仕組みです。

このファンドと一緒によく見られているファンド

PICKUPコンテンツ