欧州バンクローン・オープン(為替ヘッジなし)

欧州バンクローン・オープン(為替ヘッジなし)

  • 商品分類:追加型投信/海外/その他資産(バンクローン)
  • 日本経済新聞掲載名:欧州バンク無

2019/12/11現在

基準価額(前日比) 9,122円 (+13)
純資産総額 6.59億円

過去6期の決算実績

全ての決算情報を見る

決算日 2019/11/21 2019/10/21 2019/09/24 2019/08/21 2019/07/22 2019/06/21 累計
分配金 10円 10円 10円 10円 10円 10円 160円
  • 比較
  • お気に入り登録
  • 印刷
月次レポート
2019/10
(626KB)
交付
目論見書
(2,070KB)
請求
目論見書
(3,071KB)

関連情報

関連リンク

ファンドの特色

特色1

主として欧州通貨建てのバンクローン等に実質的に投資します。

  • 主に欧州通貨建てのバンクローン等に実質的に投資することで、インカム収益を中心としたリターンの獲得を目指します。
    ※当ファンドにおけるバンクローンには、担保付債券等が含まれます。
  • バンクローン等への実質的な投資は、ルクセンブルグ籍外国投資信託「インベスコ・ゾディアック・ファンズ ― インベスコ・ヨーロピアン・シニアローン・ファンド」(以下、「連動対象ファンド」といいます。)の投資成果を反映する仕組みの円建て債券(以下、「連動債券」といいます。)を通じて行います。
  • 連動債券への投資比率は、原則として高位に維持します。
  • バンクローン等の実質的な運用は、インベスコ・シニア・セキュアード・マネジメント・インクが行います。

 

<バンクローンとは?>

銀行などの金融機関が、事業拡大などのために資金調達を希望する企業などに対して行う融資(ローン)を指します。一般的に、バンクローンは投資適格未満(BB /Ba 相当以下)の企業への変動金利のローンです。

 

バンクローンの仕組み

バンクローンの仕組み

 

インベスコの概要

  • インベスコは、米国に本拠地を構える独立系の大手資産運用会社です。
  • 世界の投資家に対し、株式や債券などの伝統的資産のほか、バンクローンや不動産などのオルタナティブ資産も網羅した豊富な商品ラインアップを提供しています。
  • バンクローンの運用に関しては、業界最大規模の専任運用チームを有しており、その運用資産規模は世界トップクラスです。
  • バンクローン等の実質的な運用は、インベスコ・シニア・セキュアード・マネジメント・インクが行います。
特色2

「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の2つのファンドからお選びいただけます。

為替ヘッジあり

連動対象ファンドを対円で為替ヘッジした場合の投資成果を反映した連動債券に投資し、為替変動リスクの低減を目指します。

為替ヘッジなし

連動対象ファンドを対円で為替ヘッジしない場合の投資成果を反映した連動債券に投資するため、為替変動による影響を受けます。

 

※販売会社によっては、一部のファンドのみのお取扱いとなる場合があります。
※ファンドのお取扱いおよびスイッチングのお取扱いについては、各販売会社までお問い合わせください。

特色3

毎月の決算日に、原則として収益の分配を目指します。

  • 決算日は毎月21日(休業日の場合は翌営業日)とします。
  • 分配対象額の範囲は、経費控除後の利子・配当収益および売買益(評価損益を含みます。)等の範囲内とします。
  • 分配金は、基準価額水準、市況動向等を勘案して、委託会社が決定します。ただし、分配対象額が少額な場合等には分配を行わないことがあります。
  • 将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

 

※資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
 

ファンドの仕組み

連動債券への投資を通じて、主に欧州通貨建てのバンクローン等に実質的に投資します。
 バンクローンのしくみ
  • 連動債券への投資を通じて、主に欧州通貨建てのバンクローン等に実質的に投資します。
  • 連動債券(為替ヘッジあり)は、連動対象ファンドを対円で為替ヘッジした場合の投資成果を反映します。
  • 連動債券(為替ヘッジなし)は、連動対象ファンドの投資成果を反映します(為替変動の影響を受けます。)。
  • 連動債券は、アイルランド籍の特別目的会社(SPC)であるスター・ヘリオス・ピーエルシーが発行します。スター・ヘリオス・ピーエルシーは、分別保管される資産を裏付けとして債券を発行することを主な業務としており、裏付資産は保管会社によって分別管理されています。

※投資対象となる連動債券および連動対象ファンドは将来変更になる場合があります。



このファンドと一緒によく見られているファンド

PICKUPコンテンツ