グローバルDX関連株式ファンド(資産成長型)

グローバルDX関連株式ファンド(資産成長型)

愛称「The DX」

  • 商品分類:追加型投信/内外/株式
  • 日本経済新聞掲載名:グロDX成長

2021/01/15現在

基準価額(前日比) 13,058円 (+20)
純資産総額 455.58億円

過去6期の決算実績

全ての決算情報を見る

決算日 - - - - - - 累計
分配金 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円
  • 比較
  • お気に入り登録
  • 印刷
  • 映像
月次レポート
2020/11
(654KB)
交付
目論見書
(2,492KB)
請求
目論見書
(2,976KB)

委託会社は、ファンドの募集について、金融商品取引法第5条の規定により有価証券届出書を2020年8月14日に関東財務局長に提出しており、2020年8月30日にその届出の効力が生じております。

関連情報

関連リンク

ファンドの特色

特色1

世界の取引所に上場している株式の中から、主としてデジタル技術を活用し革新的なビジネスをもたらすDX(デジタル・トランスフォーメーション)関連企業の株式に投資を行います。

  • DR(預託証書)や上場予定株式を含みます。

 

DX(デジタル・トランスフォーメーション)とは?

一般的に「最新のデジタル技術を駆使した、デジタル化時代に対応するための企業の変革」という意味のビジネス用語として使われています。 経済産業省の「DX推進ガイドライン」では、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義しています。

 
特色2

実質的な運用は、リサーチ力に強みのあるニューバーガー・バーマン・グループが行います。

  • ファンド・オブ・ファンズ方式で運用を行います。

※投資対象とする外国投資信託の運用は、ニューバーガー・バーマン・インベストメント・アドバイザーズ・エル・エル・シー(米国)が行います。

 
特色3

実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。

  • 基準価額は為替変動の影響を受けます。

 

 
特色4

(予想分配金提示型)と(資産成長型)の2つのファンドからご選択いただけます。

(予想分配金提示型)

  • 原則として、毎月10日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、分配方針に基づき分配を行います。
  • 各計算期末の前営業日の基準価額(支払済み分配金(1万口当たり、税引前)累計額は加算しません。)に応じて、原則として、以下の金額の分配を目指します。

予想分配金提示型

※分配対象額が少額な場合、各計算期末の前営業日から当該計算期末までに基準価額が急激に変動した場合等には、上記の分配を行わないことがあります。

ご留意いただきたい事項
  • 基準価額に応じて、毎月の分配金額は変動します。
  • 基準価額があらかじめ決められた水準に一度でも到達すれば、その水準に応じた分配を継続するというものではありません。
  • 分配を行うことにより基準価額は下落します。このため、基準価額に影響を与え、次期決算以降の分配金額は変動する場合があります。
  • あらかじめ一定の分配金額を保証するものではありません。

 

(資産成長型)

  • 原則として、毎年9月10日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、分配方針に基づき分配金額を決定します。

 

 

※販売会社によってはいずれか一方のみの取扱いとなる場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。



※資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
 
 

ファンドのしくみ

  • ファンド・オブ・ファンズ方式で運用を行います。

 

 

分配金に関する留意事項

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

このファンドと一緒によく見られているファンド

PICKUPコンテンツ