オーストラリア高配当株プレミアム(毎月分配型)

オーストラリア高配当株プレミアム(毎月分配型)

  • 商品分類:追加型投信/海外/株式
  • 日本経済新聞掲載名:豪高配株プレ

2020/11/27現在

基準価額(前日比) 2,789円 (0)
純資産総額 86.36億円

過去6期の決算実績

全ての決算情報を見る

決算日 2020/11/17 2020/10/19 2020/09/17 2020/08/17 2020/07/17 2020/06/17 累計
分配金 10円 10円 10円 10円 10円 10円 9,955円
  • 比較
  • お気に入り登録
  • 印刷
月次レポート
2020/10
(1,001KB)
交付
目論見書
(2,355KB)
請求
目論見書
(2,334KB)

関連情報

関連レポート

  • 当ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
  • 運用の結果として信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。
  • 投資信託は預貯金と異なります。また、一定の投資成果を保証するものではありません。
  • 当ファンドの主要なリスクは以下の通りです。
  • 株価変動に伴うリスク
  • 為替リスク
  • カントリーリスク
  • 通貨オプション戦略に伴うリスク
  • 流動性リスク
  • 信用リスク

その他の留意点

ファンド固有の留意点

外国投資信託証券への投資について

当ファンドは、外国投資信託証券を通じて実質的な投資を行います。外国投資信託証券からオーストラリアの株式等に投資する場合、わが国の投資信託証券から投資を行う場合に比べて税制が不利になる場合があります。

通貨オプション戦略におけるオプション評価

オプションは時価で評価され、その価値の上昇・下落が基準価額に反映されます。なお、通貨オプション取引(豪ドル買い・円売りの権利(オプション)の売却)時点でプレミアム収入相当分が基準価額に反映されるものではありません。
ファンドは、通貨オプション取引(豪ドル買い・円売りの権利(オプション)の売却)を行いますので、オプションの価値が上昇すれば基準価額の下落要因となり、オプションの価値が下落すればプレミアム収入を上限として基準価額の上昇要因となります。

※上記はファンドにおける損益のすべてを示したものではありません。

※ファンドは、豪ドル建て株式への投資を行うとともに、通貨オプション戦略において豪ドル買い・円売りの権利(オプション)の売却を行います。したがって、円安・豪ドル高が豪ドル建て資産の上昇要因となる一方、円安・豪ドル高によるオプションの価値上昇が基準価額の下落要因となります。

投資信託に関する留意点

  • ファンドのお申込みに関しては、クーリング・オフ制度の適用はありません。
  • 投資資産の市場流動性が低下することにより投資資産の取引等が困難となった場合は、ファンドの換金申込みの受付けを中止すること、および既に受け付けた換金申込みを取り消すことがあります。

このファンドと一緒によく見られているファンド

PICKUPコンテンツ