基軸通貨とは何ですか?

き・じ・く・つ・う・か?いったい何のことだろう?

世界の為替相場の中心となる通貨のこと。現在は米ドルです

クロスレートの考え方(イメージ図)

米ドルを基準に他の通貨との交換レートが決まります。

クロスレートの考え方

世界各国の外国為替市場(インターバンク市場)では、一般的に世界中の通貨間でそれぞれ為替取引が行われているわけではなく、基軸通貨である米ドルを中心に取引が行われています。そして、それぞれの通貨間の為替相場は、各通貨の対米ドルレートを組み合わせて決められています。

例えば、ブラジルレアル/円レートは米ドル/円レート(上図A)と米ドル/ブラジルレアルレート(B)から決まります。同様に豪ドル/円レートは米ドル/円レート(A)と豪ドル/米ドルレート(C)から決まります。
このように米ドル以外の対円為替レートは、米ドル/円と対象通貨の掛け合わせで決まります。米ドルを経由した円と他の通貨のレートをクロスレートと呼びます。

注目したい変動要因

例えばブラジルレアル/円レートが変動した場合、(A)と(B)どちらの変動に起因するか考える必要があります。米ドル/ブラジルレアルレート(B)に変動がなくても、米ドル/円レート(A)が円高・米ドル安になれば、ブラジルレアル/円レートにおいても円高・ブラジルレアル安になります。

このように通貨はそれぞれ別の動きをするので、クロスレートでは変動要因が米ドル/円によるものか、当該通貨によるものか、どちらに起因するのか注意することも必要です。

      

クロスレートの計算例

円をブラジルレアルや豪ドルなどに交換するときには、対米ドルレートにあわせて計算します。
※対象通貨を1米ドル=○対象通貨と表す場合と、1 対象通貨=○米ドルと表す場合では計算式が異なります。

クロスレートの計算例

PICKUPコンテンツ