為替相場はどうして動くの?

為替相場は、なぜ上がったり、下がったりするの?

経済、政治などさまざまな要因があります

常に変動する為替相場ですが、為替はどのような要因で動くのでしょうか。

まず、経済的な要因が挙げられます。例えば好景気な国の通貨ほど強くなる傾向があります。好景気の国には、さまざまな新しい市場の発展や事業の拡大などに対する、海外からの投資資金の流入が期待され、それに伴い通貨が買われることが考えられます。また、金利の上昇も為替相場に影響を与えます。金利は高い方が資産運用の面で魅力が増すので、金利が上がると通貨が買われやすくなります。景気以外にも株価動向や貿易収支などの経済指標が為替に影響を与えます。日々の経済活動の影響を受け、為替相場は動いています。

さまざまな変動要因

経済的な要因以外にも、さまざまな要因が為替相場に影響を与えます。例えば政治的要因として、各国首脳や金融当局が発表する国内経済の見通しや今後の政策方針に対して、市場が先読みして敏感に反応する場合があります。また為替介入によって、自国経済に悪影響を及ぼす為替の動きをコントロールしようとすることもあります。 他にも、地震や水害などの自然災害も為替に大きな影響を与える要因です。自然災害は経済の停滞や政治の混乱を招くことで通貨安になることもあります。 また当該通貨には直接関係ない要因でも、例えばアメリカや欧州などの主要国の景気動向等が他の為替相場に大きく影響を与えることもあります。 為替相場は個別の要因で動くのではなく、複数の要因が複雑にからみあって変動します。

主な為替変動要因は?

PICKUPコンテンツ