トルコ -トルコ中央銀行が毅然と利上げを実施-

2018/6/8

 トルコ政策金利の推移

 

<利上げの背景>

6月7日(現地時間)、トルコ中央銀行(以後中銀)は金融政策決定会合を開き、1週間物レポ金利を16.5%から17.75%へ、後期流動性貸出金利を19.5%から20.75%へそれぞれ1.25%引上げました。今回の利上げに中銀は、「物価安定の目標に準じ、あらゆる手段を活用する」とインフレファイターとしての断固たる姿勢と、「必要に応じ、追加的な引き締めを実施する」とトルコリラ安に対する通貨防衛への強い意思を示しました。6月7日の海外終値は1米ドル=4.4842トルコリラ、1トルコリラ=24.4342円といずれもトルコリラ高となっています。

<不安要素が多いトルコリラ>

一方で、現在のトルコリラは、加速気味のインフレに加えて、①米金利上昇による米ドル高圧力、②旺盛な個人消費や原油高による経常赤字の拡大懸念、③欧米との関係悪化、④中東情勢の緊迫化、⑤エルドアン大統領による中銀への利下げ圧力等にさらされており、市場の警戒感はすぐには解消しにくい状況です。

<今後の見通し 当面は不安定な動きが続く>

今回の利上げでは、中銀が毅然と利上げを行い、その独立性維持を国内外に示しました。これによりトルコリラへの投資魅力が高まったと思われる一方で、経常赤字の縮小等、早期解決が難しい不安要素も多く、当面は不安定な動きが続くと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出所:Bloomberg

  


 

■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ